熊日出版

本・雑誌のご紹介

ヘリテージ(Heritage) 先祖からの贈り物 藤崎節子キルト作品集 New

ひと針ごとに季(とき)を重ね赤松館に伝わる古布がよみがえる

著 者  :藤崎節子(フジサキセツコ)
体 裁  :A4判変型、並製本、112ページ
出版年月日:2018年10月17日
定 価  :本体価格2,500円+税(税込:2,700円)

ISBN :978-4-908313-35-6 C0072

制作・発売:熊日出版

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

説明

内容紹介

熊本県南・田浦にある国登録有形文化財「赤松館」(藤崎家住宅)。この旧家に残された古布を使い、第7代当主夫人の藤崎節子氏がつむいだキルトのコレクション写真集です。
彼女の繊細な指先から生まれる作品の数々は柄と色の取り合わせが秀逸で、家族や友人への愛情、そして藤崎家の誇りとご先祖への感謝の想いが伝わります。また、藤崎家や赤松館の歴史や、著者の幼いころの回想などを流麗な文章でつづっています。
料理研究家の草分け的存在である江上トミ氏は藤崎家出身。彼女が母親から料理の手ほどきを受けたかまどなど、明治初期に建てられた純日本建築の邸宅内や緑あふれる丹精な庭園でのロケーション撮影も行われており、「写真集」という括りでの見ごたえも十分です。
なお、本書の売上げの一部は国登録有形文化財「赤松館」の保存活動に役立てられます。

著者紹介

熊本県南・田浦の旧家、藤崎家の第7代当主夫人。ご主人の退職後、横浜市から芦北町に移住し、赤松館2階で古布に出会う。先祖が遺してくれた着物やネクタイがこのまま眠ってしまうのはもったいないと考え、若いころから好きだった手仕事を生かしてキルトづくりに初挑戦。代表作で本のタイトルにもなっている「Heritage」は、平成7年のクラフト展「家庭画報大賞」を受賞した。

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

送料・手数料無料
Page Top