熊日出版

本・雑誌のご紹介

漱石に秋骨  江戸っ子英語教師の負けん気 New

漱石の傍に秋骨がいた

著 者  :江上 信行(えがみ のぶゆき)
体 裁  :新書判、234ページ
出版年月日:2021年5月6日
定 価  :1,100円(本体1,000円+税10%)
I S B N   :978-4-908313-71-4 C0221
制作・発売:熊日出版

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

説明

内容紹介

明治から昭和の時代にかけて活躍した玉名出身の英文学者、評論家である戸川秋骨。島崎藤村、樋口一葉、馬場孤蝶など幅広い交友関係があった中で、著者が夏目漱石と秋骨の関係に焦点を当て、膨大な漱石資料、秋骨が書いた漱石に関する資料などを土台にして描いた小説である。以下、著者はじめにから抜粋。

明治3年に熊本県玉名郡岩崎村の高瀬藩邸で生まれた戸川明三(秋骨)は明治10年に家族と共に東京へ移り住み、両親の故郷で生活を送ることになる。
戸川明三が明治21年に叔母横井玉子の勧めで明治学院に入学。同級には島崎藤村もいて親交も深かった。雑誌『文學界』の創刊にあたっても同人であり、号数を重ねる途中、島崎藤村が戸川明三に雅号を秋骨と付けた。
夏目漱石と秋骨の関係は一般的にあまり取り沙汰されていない。二人の関係は、師弟のような深いものはなく、友人でもなく、只の顔見知りで、関連人物の一人に置かれているようである。だが、残されている文献等を合わせ見れば、二人は案外と近かったことが想像されて来る。その事を考えてみた。
膨大な漱石資料から秋骨との関係部分の一部、秋骨が書いた漱石に関係する論文、その他、貴重な文献や資料などを土台として小説の形として描いた。
あくまで想像の部分の表現方法は粗雑であり、著者の思い入れであるが、基本は逸脱させていない。

 

【目次】
はじめに
第一部
一 散歩道で
二 初対面
三 来客対応と発想転換
四 追想、追想、追想
五 草稿成る
六 退職そして帰京
七 思惑の程度
八 帰京の挨拶へ
九 夏目家へ、夕刻時に
十 希望の路
十一 猫だけが察知した黙約
十二 主人も奔る
十三 新作への美風
十四 情熱と誓い
十五 影響受け
十六 神保町の書店にて
十七 気色
十八 心のコラボレーション
十九 二人の船出
第二部
一 旅の端から
二 紀行文ことはじめ
三 「猫の俳味」と夏目からの手紙
四 挿画に負けず
五 文芸山脈の口
六 造本へ
七 印刷所にて
八 豊かな人生への疎通
九 熟していく人生
十 別れ
十一 翻訳は思い出と共に
おわりに
あとがき
参考文献

著者紹介

江上 信行(えがみ・のぶゆき)

1947年生まれ 玉名市在住。
くまもと漱石倶楽部会員。熊本における漱石研究の先達である蒲池正紀氏の教鞭を仰ぎ、漱石文学に興味を持つ。
今も漱石ファンの一人として、漱石に親しみながら交流を深めている。ロンドン漱石記念館の館長、恒松郁生氏の影響も受ける。
これまで弊社から、団塊の世代雑記シリーズ「青春昭和映画館」「背番号3」「名作に恋して」の3作品を自費出版している。
(いずれも私家版で在庫なし)

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

送料・手数料無料
Page Top