熊日出版

本・雑誌のご紹介

まんが四賢婦人物語   時代を切り開いた矢嶋家の人々 New

益城町で生まれた4人の姉妹が、女性の地位向上を目指し、猛烈に生きた姿を描く感動のストーリー!

著 者  :齊藤 輝代
漫 画  :瀧 玲子
発 行  :熊本県益城町 教育委員会
監 修  :はらからの会(四賢婦人記念館案内人)
体 裁  :B5判、上製本、184ページ
出版年月日:2019年7月31日
定 価  :本体価格1200円+税
I S B N   :978-4-908313-34-9 C0021
制作・発売:熊日出版

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

説明

内容紹介

男尊女卑が根深かった明治時代。益城町で生まれた4人の姉妹が、女性の地位向上を目指し、猛烈に生きた姿を描く感動のストーリー!

矢嶋家3女・竹崎順子は明治22年(1889)に熊本で初めての女学校を創設、4女・徳富久子は徳富蘇峰・蘆花兄弟の生母。5女・横井つせ子は幕末の思想家横井小楠の妻。6女・矢嶋楫子は東京のキリスト教系女学校、現・「女子学院」の初代学院長、日本キリスト教婦人矯風会初代会頭。4姉妹は近代日本における女子教育や婦人解放運動に尽力した。

【目次】
発刊のことば
主な登場人物
プロローグ 丹塗りの眼鏡橋
第1章 矢嶋家の働き
第2章 竹崎順子 熊本の女子教育の先駆け
第3章 徳富久子 2人の天才の母として
第4章 横井つせ子 献身と奉仕の生涯
第5章 矢嶋楫子 女性の生きやすい社会を求めて
第6章 矢嶋源助直方と他の姉妹たち
資料
あとがき
主な参考文献

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

送料・手数料無料
Page Top