熊日出版

本・雑誌のご紹介

漱石とハーンが愛した熊本 〈熊日新書〉 New

「実」の漱石 「嘘」の八雲

著 者  :井上知重
体 裁  :新書判、並製本、280ページ
出版年月日:2019年9月26日
定 価  :本体価格1,250円+税
I S B N   :978-4-87755-597-9 C0293
発 行  :熊本日日新聞社
制作・発売:熊日出版

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

説明

内容紹介

明治の文豪夏目漱石、そしてラフカディオ・ハーン(小泉八雲)。2人が熊本で過ごした数年は作品に大きな影響を与えました。彼らが経験した濃密な日々を多彩な人脈を織り交ぜ、創造性豊かに描くファン待望の一冊です。

目次
まえがき
漱石の巻

第一部 漱石引っ越し物語
第二部 「二百十日」のなぞ
第三部 漱石と玄耳と熊本人脈

一章 梅百句
二章 熊本近代文学の種蒔き人
三章 戦地と報道
四章 漱石の朝日入社
五章 国権党と熊本人脈
六章 それから
エピローグ 森の都

八雲の巻

第一部 ヘルンの旅
第二部 熊本城は大きな軍のキャンプだった

漱石とハーンと私
お世話になった方と本
あとがき

著者紹介

井上智重(いのうえ・ともしげ)。昭和19(1944)年福岡県八女市生まれ。熊本大学法文学部卒業後、佐賀新聞社を経て、熊本日日新聞社に入社。阿蘇総局長、文化部長、編集委員室長などを務め、平成22(2010)年8月から28年3月まで熊本近代文学館(現くまもと文学・歴史館)館長を務めた。著書に『異風者伝―近代熊本の人物群像』『言葉のゆりかご』『山頭火意外伝』『自然と文化・阿蘇選書5 豊肥線と阿蘇』などがある。

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

送料・手数料無料
Page Top