熊日出版

本・雑誌のご紹介

熊本の目鑑橋(めがねばし)345

四季折々に魅せる石橋の風景 目鑑橋探訪のベストガイド!!

著者:上塚尚孝(日本の石橋を守る会事務局長・前八代市東陽石匠館長)
体裁:A5判、280ページ、オールカラー
出版年月日:2016年7月21日
定価:本体価格3,000円+税
ISBN:978-4-87755-526-9 C0051
発行:熊本日日新聞社
制作・発売:熊日出版

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

説明

内容紹介

めがね橋に魅せられた著者が熊本県内の大小345もの目鑑橋を紹介する石橋探訪の決定版。解説文および写真は次男寿朗氏と2年をかけて実地に踏査、撮影も行った。資料編として、熊本のめがね橋の主要データを紹介する目鑑橋一覧、架設年表も収録している。

著者紹介

昭和10(1935)年、熊本県下益城郡松橋町(現宇城市)生まれ。昭和30(1955)年に霊台橋を見て感激し、石造めがね橋の調査研究を始める。平成7(1995)年熊本県公立学校教員定年退職。11(1999)年12月から八代郡東陽村石匠館(現八代市東陽町石匠館)の館長・名誉館長を16年にわたり務める。テレビ出演や講演会など機会をとらえて石橋の魅力を広く紹介。
著書に『目鑑橋礼讃』『種山石工列伝』。熊本市南区城南町在住。

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

送料・手数料無料
Page Top