熊日釣り情報

釣りタイム最新号情報・最新号記事

平成30年6月14日発行 503号

三角東港のクロ(宇城市三角町)

波止際の底を攻める

 内海のクロは夏に旬を迎える。三角東港(宇城市三角町)もそろそろシーズンに入る頃。5月19日、同港を訪れると、宮木繁雄さん(八代市)が釣果を上げていた。

 三角東港のクロは夏から秋が釣季。オキアミ生を餌に20~25㎝の数が狙える。型は小ぶりだが、肉厚でおいしい。ここでの釣りは、アジなどの他魚が交じるのもうれしい点だ。

 宮木さんとは午前8時すぎに出会った。通称・公園前の西側に釣り座を構え、サビキ釣りで狙っていた。スカリにはクロやアジを合わせて7匹。いずれも20㎝以上あり、「まだ釣り始めて1時間くらいだけど、当たりは多い」と声を弾ませる。

 サビキは市販の4号を使い、その下に2本の枝針を付けて大きめのまき餌籠をセット。(…続く)

※仕掛け図、地図など 詳細は「熊日釣りタイム」第503号(平成30年6月14日発行)をご覧ください。
  • 釣り情報
  • 定期購読
Page Top