熊日出版

本・雑誌のご紹介

『うた日記』を旅する  医師・森鷗外からのメッセージ New

「うた」に込めた非戦の願い

著 者  :友田 素子(ともだ もとこ)
体 裁  :四六判、並製本、160ページ
出版年月日:2020年8月15日
定 価  :2,200円(本体価格2,000円+税)
I S B N   :978-4-908313-63-9 C0095
制作・発売:熊日出版

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

説明

内容紹介

国家の命令により出征して、空しく散っていく命。日清・日露の戦争に軍医として従軍した森鷗外が目にしたものは、激しい銃撃戦の後、敵味方なく重なり合う死体の山と、救護所の外にもあふれる、血まみれでうめきながら助けを求める兵士の姿でした。

日露戦争終結後、鷗外は戦時中の様子を詠んだ『うた日記』を刊行します。そこに込められているのは他ならぬ戦争の悲惨さ、愚かさ。「なが世には 戦なかれ 世のなかに」(おまえが大きくなった世には戦争がないことを祈るよ、本文「ねよわがこ」より)。戦わずして一族を守った細川幽斎(藤孝)の「田邊城の戦い」をモチーフにしたと思われる「大野縫殿之助」をはじめ、数々の「うた」に込めて後世に託した非戦・反戦のメッセージを、著者が読み解きます。

著者紹介

看護師として38年、医療の現場に携わり、日本大学通信教育部で国文学を専攻して森鷗外を学ぶ。油絵もたしなみ、作品展の入選も多数(表紙カバーの油絵は本人作)。

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

送料・手数料無料
Page Top