熊日出版

本・雑誌のご紹介

地域建設業 ある建設業者の遺書

建設業の健全な成長を願う

在庫僅少

著 者  :尾上 一哉(おがみ  かずや)
体 裁  :四六判、104ページ
出版年月日:(初刷)2014年2月4日
(2刷)2014年7月8日
定  価 :本体価格926円+税
ISBN   :978-4-87755-482-8 C0034
制作・発売:熊日出版

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

説明

内容紹介

「国土防災」の重要な役割を担う地域の建設業が深刻な構造不況に見舞われている。業界内部に横たわる矛盾や不条理を憂い、建設業の健全な成長を願って提言する。

-目次-
第1章 地域建設業

国土防災隊/天災時の初動体制/建設機械/コンパクトシティ/中山間地の建設業の役割/犯罪者の息子/談合に関する法律/設計価格/最低制限価格/公共工事依存体質/公務執行としての公共工事/建設業の代行能力/地域貢献(ボランティア)/建設業は何をしてきたか

第2章 無駄な公共工事

建設業の立場から/内部告発/そもそも公共工事とは/経営事項審査/国民の税金で博打を打つ/入札に潜む悪霊/「競争の原理」のはき違い/「競争の原理」を使う場所/世界遺産としての社会資本/目先の利益/使い捨て文化/良く早く安く

第3章 光と影

突然の春/国際競争/花は咲く/変えられないのか/ドブに公共投資/安物買い/手抜き/日本の教科書どおりではない/発注者の監督職員/受注者の現場監督/日本中で突貫工事

第4章 入札制度

入札制度/落札率ランキング/入札制度の方向転換/総合評価型随意契約/完成検査はいらない/まとめ

 

この商品を購入する

クリックすると購入サイト(熊日サービス開発ネットショップ)に移動します。

送料・手数料無料
Page Top